CADの資格を持っていれば求人に応募しやすい


CADは仕事を探す時に武器になる

CADはコンピューターで設計することや、その作業をするときに使われるソフトのことです。例えば、建物の設計をするときに使われることがあります。需要の多い分野のCADの資格を持っていれば、就職や転職の時に有利になることがあります。普通の事務的な作業とは異なり、専門的な知識がなければ仕事ができないからです。

いくつかの資格があり、その中で特に有利になるのは3次元CAD利用技術者試験です。これは立体的製図ができる能力を持っていることを証明します。最近重視され始めたもので、今のうちに取得すれば仕事を探す時にプラスになるのは間違いありません。

ただしこの資格はCADについてのある程度の知識を持った人が対象です。知識のない場合は2次元CADから勉強しましょう。

経験と実績が大切になる

CADの資格があれば、就職や転職の時に有利になるのは間違いありません。ただし、経験と実績も考慮されます。具体的にはこの資格を使って仕事をしたことがあれば、新しい職場に入るときにプラスになります。面接の時に、そのことをアピールしましょう。経験や実績がない場合は今働いている職場で、それを生かせないか考えるようにしなければなりません。

この資格は建築の分野で特に優遇されます。この分野だったら、経験がない場合でも有利になることがあります。CADの資格を持っている人材を求めている会社を転職サイトなどで探しましょう。経験のない人の場合は、採用されてからこの資格を活用して一生懸命に仕事をする意欲があることを面接で示すのが、採用につながる良い方法です。

CADオペレーターは、デザインや機械設計、建築などを専門に行う企業や部署などで欠かせない専門職といえます。

You may also like